PR

GSOMIA破棄 公明・山口代表「極めて理解しがたい」

PR

 公明党の山口那津男代表は23日、韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄について「安全保障上の信頼関係を破壊、後退させてしまうことにつながる。極めて理解しがたい」と不快感を示した。国会内で記者団に語った。

 韓国側がGSOMIA破棄の決定に際し、日本政府が安全保障上の輸出管理の優遇措置である「ホワイト国」から韓国を除外したことを理由として挙げている点については「結びつけるべきではないものを結びつけている」と指摘。

 その上で「対話をすれば解決の道はある。日本政府は解決の道を見いだす努力をし、韓国側は冷静に対応してほしい」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報