PR

野田前首相、GSOMIA破棄で「残念至極」 日本政府の対応は評価

PR

衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田佳彦前首相=22日午後、国会内(春名中撮影) 
衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田佳彦前首相=22日午後、国会内(春名中撮影) 

 衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田佳彦前首相は23日、韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄について「残念至極としか言いようがない。こういう形で破棄するというのは普通は考えられない動きだし、それだけ深刻な事態だと受け止めなければいけない」と述べた。国会内で記者団に語った。

 野田氏は「私も(首相在任時に)最初の2国間外交の訪問先としてソウルを選んだ。日韓EPA(経済連携協定)とGSOMIAの締結に向け、隣国同士が固い絆で進んでいくことが基本だと思ったからだ」と振り返った。

 安倍晋三政権の対応については「徴用工の問題を含めて、日本政府の態度は決して間違っているとは思わない。重要な、基本的な約束は守るのが鉄則だ。そこから逸脱していることには毅然(きぜん)とした態度で臨むべきだ」と評価。そのうえで「日韓議連など、さまざまなチャネルを通じて、対話は常にうまくやっておかなければいけない」と指摘した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報