PR

GSOMIA破棄 立民・逢坂政調会長「韓国の姿勢に疑問」

PR

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は22日夜、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、「安定的な日韓関係、日米韓3国の関係は非常に重要であり、性急に協定廃棄に言及した韓国側の姿勢には疑問を感じる」と述べた。産経新聞の取材に答えた。

 同時に今後の日本政府の対応について、「冷静な対応が必要だ。韓国が廃棄と決めたから協定を廃棄するということではなく、日本側も相手の言い分をよく聞き、協定を継続できるよう努力すべきだ」とも指摘した。

この記事を共有する

おすすめ情報