PR

岩屋防衛相「延長に期待」 日韓軍事情報協定

PR

官邸入りする岩屋毅防衛相=22日午前、首相官邸(春名中撮影)
官邸入りする岩屋毅防衛相=22日午前、首相官邸(春名中撮影)

 岩屋毅防衛相は22日の記者会見で、韓国との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「延長されることに期待している」と述べた。「日韓双方がより広範な情報に基づき、安全保障上の情勢分析や事態対処を行うことが可能になる。双方にとって有益だ」と強調した。

 岩屋氏は、今年5月以降の北朝鮮による一連の飛翔(ひしょう)体発射について、GSOMIAに基づき韓国側と情報交換したことも明らかにした。

 GSOMIAは1年ごとに更新され、いずれかが破棄を事前に申告しない限り自動延長される。今年の申告期限は今月24日。韓国側は日本との関係悪化を受け、破棄する可能性を示唆している。

この記事を共有する

おすすめ情報