PR

名古屋城の最寄り駅が分かりにくい 市営地下鉄で変更検討

PR

名古屋城の最寄り駅の名古屋市営地下鉄市役所駅=20日午後
名古屋城の最寄り駅の名古屋市営地下鉄市役所駅=20日午後

 名古屋市は20日、市営地下鉄の駅名変更を検討する有識者懇談会の初会合を市役所で開いた。観光名所の最寄り駅は名古屋城が「市役所駅」、熱田神宮が「伝馬町駅」となっており、分かりにくいとして市議会などで変更を求める声が出ていた。令和3年1月までに結論を出す方針。

 市によると、平成29年3月の市議会で、市議から市役所駅や城の正門に近い「浅間町駅」について「路線図を見ても名古屋城を確認できない」などと指摘された。

 伝馬町駅を巡っては河村たかし市長が「名古屋のシンボルとしての観光客誘致を目指す必要がある」と変更に積極的だ。

 この3駅のほか、令和5年1月に移転される中村区役所近くの「中村区役所駅」、移転先近くの「本陣駅」、名古屋市立大から変更要望がある「桜山駅」の3駅も検討対象となる。

 懇談会は地理や交通の学者ら計7人で構成。初会合では「国内外の観光客に分かりやすい名称が必要」「駅周辺に昔から住む市民の理解を得られるのか」といった意見が出された。

この記事を共有する

おすすめ情報