PR

習氏訪日へ協力確認 公明代表、中国幹部と

PR

 公明党の山口那津男代表は19日、北京を訪れ、中国共産党の対外交流を担う宋濤中央対外連絡部長と釣魚台迎賓館で会談し、両氏は日中関係をさらに改善させる方針で一致した。来年春に予定される習近平国家主席の国賓訪日の「成功」に向け協力することも確認した。宋氏は冒頭「日本の与党と努力し、両国関係の安定的な発展を推し進めたい」と強調。山口氏は「両国が競争から協調へ向かって世界に貢献する新しい道筋を共に描きたい」と応じた。

 日本側の説明によると、山口氏は自民、公明両党と中国共産党との定期対話の枠組み「日中与党交流協議会」を今年秋から冬に開催するため準備を進めていると伝達した。

 公明党の遠山清彦衆院議員が団長を務め、超党派議員で構成する「日中次世代交流委員会」のメンバーも訪中。共産党の黄坤明中央宣伝部長と19日、人民大会堂で会談し、両国の経済協力の強化について意見交換した。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報