PR

韓国外務省 福島第1原発の汚染水放出計画で日本公使呼びつけ

PR

韓国外務省に入る日本大使館の西永知史公使(手前)=19日、ソウル(共同)
韓国外務省に入る日本大使館の西永知史公使(手前)=19日、ソウル(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省の権世重(クォン・セジュン)気候環境科学外交局長は19日、在韓国日本大使館の西永知史公使を呼び、東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水に関し、海洋放出計画の有無などについて確認を求めた。

 韓国外務省によると、権氏は「汚染水処理の結果が両国民の健康と安全、さらに海でつながる国全体に与える影響を非常に重く認識している」と述べた。その上で「汚染水放出に対する報道や国際環境団体の主張に関し、事実関係確認や今後の処理計画などについて日本政府の公式回答を要請する」と言及した。

 処理水が韓国国民の健康と安全、周辺の海洋生態系に影響を与えぬよう、日韓が共に方策を模索することを提案した。

 韓国外務省によると、西永氏は韓国の立場を本国に報告するとし、今後も汚染水処理に関する情報を誠実に説明していく姿勢を示した。

 日本政府による輸出管理厳格化の措置以来、韓国では福島第1原発に対する批判が強まっている。与党の一部では、福島県産農水産物と東京五輪を結びつけ、「日本国民も冷遇する食品を全世界の選手らの食卓に上げるのか」といった批判も出ている。

この記事を共有する

おすすめ情報