PR

【安倍政権考】安倍首相は政界屈指の晴れ男 参院選で発揮 天気は験担ぎにも

PR

晴天の下、参院選の街頭演説で気勢を上げる安倍晋三首相=7月16日、新潟県柏崎市(永原慎吾撮影)
晴天の下、参院選の街頭演説で気勢を上げる安倍晋三首相=7月16日、新潟県柏崎市(永原慎吾撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 曇天の梅雨空の下で繰り広げられた参院選(7月21日投開票)が幕を閉じ、1カ月が過ぎようとしている。選挙期間中は各地で雨が続き、各候補者の陣営は傘やレインコートなどが手放せない選挙戦となるなか、「晴れ男」ぶりを発揮したのが安倍晋三首相(自民党総裁)だ。直前に周辺がスコールのような大雨となった日でさえ、首相が街頭演説をする会場では天気が持ちこたえることもあった。「私は晴れ男」と豪語してきた首相だが、たかが天気とあなどることなかれ。政治家にとって天気は勝敗を占う験担ぎでもあるようだ。

× × ×

 「晴れ男です!」。7月16日、新潟県南魚沼市のJR六日町駅前の演説会場。選挙カーに乗り込んだ首相が茶目っ気たっぷりに話すと聴衆がどっと沸き、拍手が起きた。

 新潟地方気象台によると、南魚沼市がある中越地方の同日午前5時時点での天気予報は、夕方から雷を伴う激しい雨と出ており、実際、隣接する魚沼市では午後4時50分ごろ、1時間に100ミリの大雨となった。

 ところが、南魚沼市の会場では首相が演説している時間帯、不思議と天気は最後まで持ちこたえた。これより前に演説が行われた同県柏崎市の会場では晴れ間が広がって気温も上昇し、汗ばむほどだった。

 参院選では同様の場面に遭遇することが少なくなかった。7月6日の滋賀県草津市や同20日の東京・秋葉原の演説会場などでも午前の段階では雨になると予報されていたが、結果的には晴天もしくは曇天にとどまっており、首相の「晴れ男」ぶりが発揮された。

× × ×

 首相の「晴れ男」自慢は以前からだ。今春、晴天の中、東京・新宿御苑で開かれた「桜を見る会」では「素晴らしい青空ではありませんか。私は日本の晴れ男ベスト5の1人であります」とユーモアたっぷりのあいさつを披露している。

 首相とは反対に「雨男」を売りにしているのが立憲民主党の枝野幸男代表だ。今回の参院選での東京・新宿駅での第一声では司会者に「嵐を呼ぶ男」と紹介された上、「(平成29年の衆院選で新宿駅で演説をした)あのときも雨でした」と自虐交じりに語り、聴衆の笑いを誘った。党のツイッターに投稿された写真では「雨男」とプリントされたTシャツを掲げてアピールすることもあり、支持者からも親しみを込めて「枝野雨男」と呼ばれることもある。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長も演説で「私はミスター雨男」と話すことがあり、政治家にとって、晴雨を問わず天気は“鉄板ネタ”のようだ。

× × ×

 ただ、たかが「天気」とあなどってはいけない。政治家にとって、天気は大切な験担ぎでもあるからだ。選挙での勝敗が付きものの政治家の中には験担ぎを好む人は少なくなく、古くは首相を務めた吉田茂や田中角栄が「瓶を斜めにしても倒れない」との理由でウイスキーの「オールドパー」を愛飲していたことが知られているほか、首相も昨年の自民党総裁直前、陣営に「カツカレー」を振る舞っている。

 事ほど左様に験を担ぎたがる政治家にとって天気も例外ではない。7月20日の東京・秋葉原の演説では、首相とともに演説に立った盟友の麻生太郎副総理兼財務相が「安倍晋三と麻生太郎が2人で(秋葉原で)演説をして雨が降ったことは1回もない。そして、2人で演説したときの国政選挙では全て自民党が勝たせてもらった」と聴衆に語りかけ、大いに盛り上げた。

 麻生氏の言葉通り、参院選は与党が改選議席の過半数を上回る勝利に終わった。ただ、選挙戦は乗り切ったとはいえ、安倍政権の課題は山積みと言える。10月の消費税率引き上げを控える上、中国の経済失速や米中貿易摩擦など景気の先行きは決して楽観できない。短距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮情勢など先の読めない外交案件も多い。

 日本の前途に漂っている曇天のような不安を取り払い、明るい晴れ間がのぞくかどうかは、政界屈指の「晴れ男」の双肩にかかっている。

(政治部 永原慎吾)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報