PR

玉木氏、党首再会談に意欲 立民との会派合流構想

PR

 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、立憲民主党が示した衆院会派合流構想を巡り、立民の枝野幸男代表との再会談に意欲を示した。15日の会談で議論が平行線に終わったのを踏まえ「また近いうちに会い、意見交換させてもらいたい」と仙台市内で記者団に述べた。

 玉木氏は「強力な会派をつくって政権交代につなげていくという意識は共有できた。枝野氏の意見を踏まえ、まず党内の役員と話したい」と語った。国民関係者によると、21日に執行役員会を開いて協議する見通しだ。

この記事を共有する

おすすめ情報