PR

甲賀市が「パークアンドライド」 朝ドラ効果見込み

PR

甲賀市がパークアンドライド方式導入にあたって、駐車場を整備する予定の空地=甲賀市
甲賀市がパークアンドライド方式導入にあたって、駐車場を整備する予定の空地=甲賀市

 9月30日から放送が始まるNHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となる滋賀県甲賀市などは、観光客増加による交通渋滞を緩和するため、市内に設けた駐車場に車を止め、鉄道に乗り換えて目的地に向かってもらう「パークアンドライド方式」を導入する。放送開始までに高速道路からのアクセスが良い信楽高原鉄道の紫香楽宮跡(しがらきぐうし)駅近くの空き地に最大約130台分の臨時駐車場を整備する。

 スカーレットは焼き物の里として知られる同市信楽町地区を舞台に、女性陶芸家の奮闘を描いた物語。女優の戸田恵梨香さんが主演を務める。

 信楽町地区は県内有数の観光地だが、同地区に向かう市内唯一の幹線道路は片側1車線の国道307号しかないため、観光シーズンにはこれまでも激しい交通渋滞を引き起こしてきた。

 陶器のイベントが開催された今年5月の大型連休には、水口町-信楽町の約15キロの区間を通過するのに、通常の約6倍にあたる約3時間かかる激しい渋滞が発生した。交通の集中に加え、市内に駐車場が少なく、空きを待つ車列が場外に伸びることなども渋滞の要因になっているという。

 平成30年春から放送された朝ドラ「半分、青い。」の舞台となった岐阜県恵那市岩村町では、観光客が前年比約4倍に増加したことを踏まえ、甲賀市や観光協会などでつくる推進協議会はスカーレット放送開始後の観光客増加をにらんだ渋滞対策を協議していた。

 一方、信楽高原鉄道も放送開始後、混雑が予想される土日・祝日に普段は無人の紫香楽宮跡駅に職員を派遣して対応したり、期間限定のラッピング列車を運行したりするなど利用を促す取り組みを検討している。

 推進協議会は今後も追加の駐車場候補地の選定などを進める方針で、「混雑緩和のために何ができるかを考えていきたい」(事務局の担当者)としている。

この記事を共有する

おすすめ情報