PR

「もったいない国政」へ 嘉田由紀子氏に参院選当選証書

PR

当選証書を付与される嘉田由紀子氏=24日、滋賀県庁
当選証書を付与される嘉田由紀子氏=24日、滋賀県庁

 参院選滋賀選挙区(改選数1)の当選証書付与式が24日、滋賀県庁で行われ、初当選した野党統一候補で無所属新人の元滋賀県知事、嘉田由紀子氏(69)に証書が手渡された。嘉田氏は「『もったいない県政』を『もったいない国政』にすることは皆さんの望んでいることだ」と国政へかける思いを語った。

 式に先だって行われた選挙会では、県選挙管理委員会事務局職員が投開票結果を報告し、嘉田氏の当選を確認。おなじみの黄緑色のスーツの嘉田氏は県選管の世古正委員長から当選証書を受け取った。

 証書を受け取った嘉田氏は「身の引き締まる思い。新人なので、謙虚に学ばせていただく」と表情を引き締めた。

 今回の参院選では、嘉田氏への候補一本化のために立憲民主党と共産党から立候補を予定していた2人が出馬を見送った。2人から預かったブローチを胸に付けて式に臨んだ嘉田氏は「今後の選挙でも、野党共闘の形をつくるために皆で汗を流すべきだ」と共闘の意義を強調した。

 当面は無所属で活動するという嘉田氏は「どういう立場で政策が実行できるか学ばせていただく。まずは仲間作りだ」と話した。

 嘉田氏は由布和嘉子副知事と面会し、県庁を後にした。

この記事を共有する

おすすめ情報