PR

参院選の投票率48・80% 過去2番目の低さ

PR

参院選投票率
参院選投票率

 総務省は22日、参院選の投票率が選挙区で48・80%、比例代表で48・79%だったと発表した。選挙区は前回平成28年の54・70%を5・90ポイント下回り、過去2番目の低さになった。50%を割り込むのは過去最低の44・52%だった7年以来2回目。

 選挙当日の有権者数は全国で約1億588万人だった。投票率は46都道府県で前回から低下し、唯一上がった高知も全国最低だった前回から0・82ポイント増にとどまった。最も下がったのは青森で12・37ポイント減。

 前回から選挙区が隣接県と統合された鳥取・島根、徳島・高知の4県のうち、高知を除く3県で過去最低の投票率となった。徳島は38・59%で全国最低だった。

 今年は春の統一地方選と参院選が12年に1度重なる「亥年選挙」で、地方議員や有権者の「選挙疲れ」が出ると予想されていた。選挙戦を通じて争点が明確にならず、盛り上がりに欠けたとの指摘もあった。

 台風5号に伴う大雨も影響したとみられ、福岡、佐賀、長崎、鹿児島で10ポイント以上低下した。期日前投票者数は参院選の過去最多を更新したが、投票日当日が低調だった。

この記事を共有する

おすすめ情報