PR

推薦した自民に配慮 初当選の公明・高橋氏

PR

初当選を祝福され、握手をする兵庫選挙区の公明新人、高橋光男氏=22日午前、神戸市中央区
初当選を祝福され、握手をする兵庫選挙区の公明新人、高橋光男氏=22日午前、神戸市中央区

 兵庫選挙区(改選数3)で、平成28年の参院選に続き議席を獲得した公明党の高橋光男氏(42)は、22日午前7時ごろから神戸・三宮で通勤客らに手を振ったり握手したりして、謝意を伝えた。

 同選挙区では維新現職の清水貴之氏(45)がトップ当選し、高橋氏が続いた。残る1議席は自民党と立憲民主党の新人が争った末、自民の加田裕之氏(49)が獲得した。

 高橋氏を推薦した自民は菅義偉官房長官が加田氏を置いて高橋氏の応援に回るなど、党本部を中心に積極的に支援。高橋氏は、「自公安定政権の下の政治でないと、社会を良くしていくことはできない」と強調。「結果として票は上回ったが、加田先生には県議としての経験がある。ともにこれからの兵庫を政治の力でより良くしていきたい」と加田氏への配慮も見せた。

この記事を共有する

おすすめ情報