PR

野党統一・芳賀道也氏が自民現職ら破る 山形選挙区

PR

初当選を決め、支持者とともに「当たり前の政治にズームイン」とあいさつする芳賀道也氏(中央)=21日午後10時版過ぎ、山形市城西町(柏崎幸三撮影)
初当選を決め、支持者とともに「当たり前の政治にズームイン」とあいさつする芳賀道也氏(中央)=21日午後10時版過ぎ、山形市城西町(柏崎幸三撮影)

 参院選山形選挙区は21日投開票の結果、野党統一候補の無所属新人、芳賀道也氏(61)=立民、国民、共産、社民推薦=が自民現職、大沼瑞穂氏(40)=公明推薦=と政治団体「NHKから国民を守る党」新人の小野沢健至氏(49)を破り初当選を果たした。

 芳賀氏は野党各党や連合山形の支援を受け、「山形方式」と呼ばれる統一候補として選挙戦を戦い、農家への戸別所得補償の復活や教育の無償化を訴え、支持を広げた。

 再選を目指した大沼氏は、乳幼児液体ミルクの製造解禁や酒田港へのクルーズ就航など1期6年の実績を柱に、自公政権の安定の必要性を強く訴え、安倍晋三首相はじめ党幹部らが来県するなど組織型の選挙戦を展開したが、及ばなかった。N国党の小野沢氏はSNSを通じて支持を訴えたが、広がらなかった。

この記事を共有する

おすすめ情報