PR

「困っている人のために」 当選確実の元アナ永江氏、愛媛

PR

愛媛選挙区で当選を決め、笑顔を見せる無所属の永江孝子氏(右端)=21日夜、松山市
愛媛選挙区で当選を決め、笑顔を見せる無所属の永江孝子氏(右端)=21日夜、松山市

 愛媛選挙区では元民放アナウンサーで野党統一候補の無所属新人、永江孝子氏(59)が、地元タレントで自民・新人、らくさぶろう氏(54)らを抑え当選を確実にした。午後8時すぎに早々と当選確実が報じられると、松山市のホテルで約200人の支援者に「暮らし、年金、子育てのこと。今、困っている方々のために、しっかり仕事をしていく」と抱負を語った。

 長年、情報番組を担当し知名度は高い。平成21年から衆院議員を1期務めたが、その後は2回続けて落選。28年の参院選でも惜敗した。

 「3年がかりの草の根の選挙。皆さん一人一人が力を貸してくれた」。そう感謝を口にし「真面目に頑張っている人が報われるように、世の中をつくりましょうと訴えてきた」と語ると、拍手が上がった。記者会見では「どこの意思決定の場にも女性がいる景色を目指す」と述べた。

 らくさぶろう氏は別のホテルで「期待に沿えず、心からおわび申し上げる」と頭を下げた。

この記事を共有する

おすすめ情報