PR

徳川家広氏が落選確実 静岡選挙区

PR

静岡選挙区で落選が決まり、支持者と握手する徳川家広氏(右)=21日夜、静岡市
静岡選挙区で落選が決まり、支持者と握手する徳川家広氏(右)=21日夜、静岡市

 参院選静岡選挙区で21日、立憲民主党新人で徳川宗家次期当主の徳川家広氏の落選が確実となった。

 徳川氏は徳川宗家(将軍家)の第19代当主に当たり、平成元年に慶應義塾大経済学部卒、同3年にミシガン大大学院修士課程修了の54歳。現在は政治経済評論家、翻訳家、徳川記念財団理事を務める。

この記事を共有する

おすすめ情報