PR

日米印首脳「開かれたインド太平洋」実現へ協力確認

PR

首脳会談の冒頭、写真撮影に臨む(左から)トランプ米大統領、安倍晋三首相、インドのモディ首相=2019年6月28日午前、大阪市住之江区(代表撮影)
首脳会談の冒頭、写真撮影に臨む(左から)トランプ米大統領、安倍晋三首相、インドのモディ首相=2019年6月28日午前、大阪市住之江区(代表撮影)

 安倍晋三首相は28日午前、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)開幕に先立ち、トランプ米大統領、インドのモディ首相と3カ国の首脳会談を行い、インド太平洋地域の安定と繁栄には3カ国の協力が極めて重要であるとの認識で一致した。宇宙やサイバー空間を含む安全保障などについて意見交換した。

 日米印の首脳会談は昨年11月に初めて開催して以来2回目。安倍首相は会談の冒頭、「自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて3カ国の連携を強化したい」と強調。モディ氏も「インド太平洋でぜひ平和と安定を遂げたい」と応じた。

この記事を共有する

おすすめ情報