PR

G20 米大統領機着陸で37便が伊丹遅延

PR

トランプ米大統領を乗せて到着したVC-25(エアフォースワン)=27日午後、伊丹空港(大阪国際空港)(彦野公太朗撮影)
トランプ米大統領を乗せて到着したVC-25(エアフォースワン)=27日午後、伊丹空港(大阪国際空港)(彦野公太朗撮影)

 関西国際空港、大阪(伊丹)空港などを運営する関西エアポートによると、20カ国・地域(G20)首脳会議のため伊丹空港に27日、トランプ米大統領が乗った専用機が着陸した影響により、同日午後11時半時点で一般旅客便37便(到着23便、出発14便)に1時間以上の大幅遅延が発生した。

 アイベックスエアラインズ福島発大阪行き(乗客乗員34人)は、行き先を小松空港(石川県)に変更。いったん着陸して給油を受け、再び伊丹空港に向かった。

 関空では多くの国の専用機が着陸しているが、G20による大きな影響は発生していない。

この記事を共有する

おすすめ情報