PR

各国首脳の到着始まる 関空に続々、きょうピーク

PR

G20大阪サミット・関空要人続々。関西国際空港に到着したモディ・インド首相=27日午前7時43分、関西国際空港(須谷友郁撮影)
G20大阪サミット・関空要人続々。関西国際空港に到着したモディ・インド首相=27日午前7時43分、関西国際空港(須谷友郁撮影)

 大阪市で28、29日に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に参加する各国首脳が27日午前、関西国際空港に相次ぎ到着した。首脳の多くは同日中に大阪入りする予定。

 熱帯低気圧の接近で天候が崩れた関空。各国の特別機は、雨が小やみになった時間帯を突くようにして、おおむね順調に滑走路に降り立った。

 この日、最初に関空に到着した首脳はインドのモディ首相。午前7時42分に機内から姿を現し、両手を合わせて一礼してから、ゆっくりとした足取りでタラップを下りた。

 日本側から山田賢司・外務政務官ら政府関係者、大阪府の吉村洋文知事らが出迎え、モディ首相と笑顔で握手を交わした。

 続いて、アルゼンチンのマクリ大統領、エジプトのシーシー大統領、セネガルのサル大統領が到着。それぞれ専用車に乗り込み、厳重な警備に守られながら大阪市内に向かった。

この記事を共有する

おすすめ情報