PR

共産・志位氏が「女性、女系」容認も他野党は難色

PR

共産党の皇室に対する政策の変遷
共産党の皇室に対する政策の変遷
その他の写真を見る(1/2枚)

 共産党の志位和夫委員長は4日付の機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューで女性・女系天皇に賛成すると強調した。“皇室容認”の姿勢を示すことで、野党共闘の推進や無党派層への支持拡大を図る狙いがみえる。しかし、今回の皇位継承のあり方に反対するなど「天皇制廃止」から完全に転向したわけではなく、他の野党は共闘は難しいとの考えが支配的だ。

 「日本国民統合の象徴である天皇を男性に限定する合理的理由はどこにもないはずです」

 志位氏はインタビューでこう答え、女性・女系天皇に賛成する立場を明らかにした。

 共産党は「(19)22年綱領草案」から「94年綱領」に至るまで「天皇制の打倒」や「天皇制の廃止」などを掲げてきた。しかし、理論的支柱である当時の不破哲三議長が主導した「2004年綱領」で「天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきもの」と明記して以降、徐々にソフト路線化を図っている。

 5月1日の天皇陛下のご即位に祝意を送ったことや、衆参両院の本会議でご即位に祝意を示す「賀詞」への賛成、志位氏の女性・女系天皇に関する発言も、ソフト路線の一環とみられる。

 「女性・女系天皇」をめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表は「女性や女系天皇に対する国民の理解や支持は非常に大きい。参院選に向けてしっかり訴えて、国民の理解をさらに広めていきたい」と発言している。

 それでも、立民幹部は共産党との連携について「無理、無理。あまり近づかれると、転んで骨折しかねない」と冷ややかだ。

 インタビューで志位氏は、天皇陛下をお招きしての国会開会式や元号について否定的に語っている。さらに「天皇とその制度を、主権者である国民の全面的なコントロールのもとにおくものとなっている」という憲法解釈を紹介するなど、他党との根本的な距離は縮まりようがない。

 共産党研究の専門家も、同党の“軟化”を額面通りに受け取らない。共産党に関する著書がある著述家は、不破氏が『新・日本共産党綱領を読む』で「将来の発展の方向としては、天皇の制度のない、民主共和制を目標とする立場に立っている」と明記していることに着目。志位氏の女性・女系天皇発言に対して「廃止を前提にした提言は拝聴に値しない」と容赦ない。

 また、男系継承の伝統を変えることになる女系天皇の実現は、見方によっては皇室廃止と同等の意味を持つことになり、共産党の従来の路線と矛盾しないとの声もある。

 一方、元日本共産党国会議員団秘書の篠原常一郎氏は、志位氏のインタビューが5ページに及んでいることにも注目した上で、こう解説する。

 「従来の支持者から『ソフト路線化』についての説明を求められているということだ。組織内の混乱が伝わってくる」

(内藤慎二)

この記事を共有する

おすすめ情報