PR

各党が天皇陛下ご即位で談話

PR

新天皇陛下、新皇后雅子さま
新天皇陛下、新皇后雅子さま

 天皇陛下の即位にあたり、各党や党幹部が出した談話などは以下の通り。

自民党

 「新たな時代の幕開けを国民とともに慶(よろこ)びたい。日本の歴史と文化伝統、四季折々の美しい自然は、世界に誇るべき国民すべての大切な財産だ。自民党はこれからも平和な日本を守り継ぐことを国民に誓うとともに、新しい時代がさらに輝き、希望に満ちたものとなるよう、国政運営のかじ取りをしっかりと進めていく決意だ」

公明党・山口那津男代表

 「元号に込められた願いである平和が続き、国民一人一人が明日への希望とともに、それぞれの個性を輝かせていくことができるよう、新たな時代を開いてまいる決意だ。公明党は天皇陛下のご即位を国民とともにこぞって寿(ことほ)ぎ、わが国と世界の人々の幸福と平和のためにさらなる決意で邁進(まいしん)する」

立憲民主党・枝野幸男代表

 「新たな天皇陛下とともに迎えた令和という時代が、国民一人ひとりにとって幸せを実感できる、平和で穏やかな時代となることを心から祈念する。立憲民主党は国民から負託を受けた政党としてその課せられた責任を果たし、それぞれに幸せを実感できる社会経済、『まっとうな政治』の実現を目指していく」

国民民主党・玉木雄一郎代表

 「ご即位は国民に対してわが国へのゆるぎない誇りと未来への希望をもたらすものだ。令和の時代が平和と繁栄の時代となることを願いつつ、国民民主党としても、さまざまな課題について国民の声を聴きながら『新しい答え』をつくっていく決意を新たにしている。国民民主党は、天皇と皇室を国民国家の象徴と仰ぎつつ、日本の良き歴史と伝統を尊重する政党として、国民と皇室を結ぶ敬愛と信頼の絆が一層深まることに努力を惜しまないことを約束する」

日本維新の会・松井一郎代表

 「新しい御代になり、今秋執り行われる即位礼正殿の儀、大嘗祭(だいじょうさい)、来年の立皇嗣の礼まで皇位継承の儀式がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができることを望む。新しい時代を切り拓(ひら)くためにビジョンを描き、実現する。国政と地方の両輪で改革を進めるために大きな役割を果たしていくことを令和改元に合わせて改めて決意している」

社民党・又市征治党首

 「安倍晋三政権は『新時代』をアピールするとともに、お祭り気分をあおることで、日本が直面している政治的な難問や経済的な難問を棚上げし、政権浮揚に結びつけようとしている。皇位継承や改元の政治利用は認められない。西暦か元号かどの紀年法を用いるかは国民の選択に委ねるべきであり、新元号の使用が強制になるようなことがあってはならない」

希望の党・松沢成文代表

 「令和の御代が、元号の願い通り人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つようになり、さらに国運の一層の進展と世界の平和、人類福祉の増進を切に希望する」

(敬称は原文のまま)

この記事を共有する

おすすめ情報