PR

安保法廃止案を参院提出 立憲、国民など野党5党、共闘アピール

PR

 立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党は22日、安倍晋三政権が平成27年に成立させた安全保障関連法は憲法違反だとして、同法を廃止する2法案を参院に共同提出した。夏の参院選を控え、政策面で野党共闘をアピールする狙い。

 国民民主党の大野元裕参院議員は提出後、記者団に「安保法制は野党共闘のきっかけをつくった。参院選前に(改めて)統一のスタンスを打ち出した」と強調した。

 旧民主党など野党は28年にも同様の廃止法案を衆院に提出したが、29年の衆院解散で廃案となっていた。

この記事を共有する

おすすめ情報