PR

国民民主、社民に衆院会派の合流打診

PR

国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は11日、社民党の又市征治党首と国会内で会談し、衆院の国民民主党・自由党統一会派(39人)と社民党会派(2人)の合流を打診した。又市氏は回答を避けた。社民党は参院では立憲民主党と会派を組んでいる。

 会談では参院選改選1人区の候補者調整についても協議し、又市氏は鹿児島選挙区で社民党候補を野党統一候補にしたい考えを伝えた。国民民主党は同選挙区で新人の擁立を内定しており、今後、社民党候補への一本化の可否を検討する。

 会談には国民民主党の平野博文、社民党の吉川元(はじめ)両幹事長が同席した。

この記事を共有する

おすすめ情報