PR

衆院補選出馬の島尻安伊子氏、辺野古移設容認を表明

PR

衆院沖縄3区補欠選挙に向け、事務所開きであいさつする島尻安伊子元沖縄北方担当相=7日夜、沖縄市内
衆院沖縄3区補欠選挙に向け、事務所開きであいさつする島尻安伊子元沖縄北方担当相=7日夜、沖縄市内

 衆院沖縄3区補欠選挙(4月21日投開票)に自民党公認で立候補し、公明党の推薦を受ける元沖縄北方担当相の島尻安伊子(あいこ)氏(54)は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古への移設を容認する考えを示した。沖縄市内で行った事務所開きで「普天間の危険性除去を考えたときに辺野古に移すことが現実的だ」と述べた。

 同時に「誰もきれいな海を埋めることに賛成する人はいない。私もその1人だが、(日米両政府の普天間飛行場返還合意から)22年もそのまま普天間が残っている。辺野古の皆さんに理解を得て、過去の問題にしたい」と訴えた。

 自身が沖縄北方担当相時代に取り組んだ子供の貧困問題や沖縄振興に取り組む考えも強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報