PR

新防衛大綱「最大限の方針を示した内容」 自民・萩生田幹事長代行

PR

自民党の萩生田光一幹事長代行(古厩正樹撮影)
自民党の萩生田光一幹事長代行(古厩正樹撮影)

 自民党の萩生田光一幹事長代行は18日午前の記者会見で、同日に閣議決定した新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」について「目まぐるしく変わる安全保障環境の中で、日本として日本の憲法や法律、限られた予算の中でできる最大限の方針を示した内容だと受け止めている」と述べた。

 大綱では、厳しさを増す安全保障環境に対峙(たいじ)するため、防衛力の「抜本的な強化」と自衛隊の「役割拡大」を明記している。

この記事を共有する

おすすめ情報