PR

桜田五輪相「サイバー対応強化は重要な進展」 新防衛大綱の閣議決定

PR

桜田義孝五輪相(荻窪佳撮影)
桜田義孝五輪相(荻窪佳撮影)

前のニュース

 桜田義孝五輪相は18日午前の記者会見で、陸海空3自衛隊の一体的運用の範囲をサイバーなど新たな領域にまで広げるとした新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の閣議決定を受け「サイバー分野の対応を強化する方針が示されたことは重要な進展だ」と述べた。

 同時に「引き続きサイバーセキュリティ戦略に基づき、関係省庁や産業界と連携し、サイバーセキュリティーの強化に向けた取り組みを進めていきたい」と強調した。

 桜田氏は2020(平成32)年東京五輪・パラリンピック大会に加え、サイバーセキュリティーも担当している。

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報