PR

日本海の「大和堆」で韓国警備艦が漁船に操業中止要求 EEZ内

PR

 20日夜、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海「大和堆」周辺で操業中の日本のいか釣り漁船「第八十五若潮丸」に対し、韓国海洋警察庁警備艦から操業中止と海域移動を求める無線交信が行われたことを第9管区海上保安本部(新潟市中央区)が21日、明らかにした。

 同本部によると、海保巡視船が20日午後8時半ごろ、無線を確認。このため、韓国警備艦に対し「日韓漁業協定上、要求は受け入れられない」と無線で通知した。また、韓国警備艦が漁船に接近していたため、漁船と韓国警備艦の間に海保巡視船が入る形で、日本漁船を保護した。

 大和堆周辺は、イカなどの好漁場として知られており、北朝鮮漁船の違法操業などが問題化していた。

この記事を共有する

おすすめ情報