PR

【独自】自衛官採用、志願者の体重制限を緩和 BMI「28」→「30」 人材確保「急務」

PR

 防衛省は7日、自衛官の採用条件について、入隊志願者の体重制限を緩和する方針を固めた。現在は身長と体重から肥満度を算出するBMI(体格指数)で「28」程度を上限とするが、「30」程度まで入隊を認める。少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっている状況を踏まえた措置で、採用時の体重制限が緩和されるのは初めて。

 自衛官の大半を占める任期制の自衛官候補生と、任期のない一般曹候補生の採用に適用する。すでに今夏の採用時から試行しており、効果を確認した上で関連規則を改正し、正式に導入する。

 自衛官の入隊志願者(男子)の合格基準は、身長155センチ以上で、体重は「身長と均衡を保っているもの」と定められている。従来はBMIで18~28程度を基準としてきたが、上限を30程度にまで引き上げる。

 現在の基準では、身長が170センチの志願者の場合は上限体重は81.5キロ(BMI28.2)となるが、87キロ(BMI30.1)程度まで入隊が可能となる。

 WHO(世界保健機関)は、BMIが18.5以上25未満を「正常」、25以上30未満を「前肥満」、30以上35未満を「肥満1度」としている。新たな入隊基準の導入で、肥満1度にかかる人材の入隊を認めることになる。

 防衛省幹部は「筋肉質で体重が多い志願者もいる。体重で一律に弾いてしまうのはもったいない」「少し太っていても入隊後に訓練し、入隊して規則正しい生活を送れば痩せる」などと説明する。

 自衛官の応募者数は近年、減少傾向が続く。特に自衛官候補生の採用数は4年連続で計画を下回り、平成29年度の採用数は計画の約8割にとどまった。防衛省は既に採用年齢の上限を26歳から32歳に引き上げるなど、人材確保に関する施策に注力している。

 防衛省幹部は「いくら最新鋭の装備をそろえたとしても、人がいなければ国防は成り立たない。人材確保は急務だ。こらからもあらゆる手を尽くす」と語る。

この記事を共有する

おすすめ情報