産経ニュース for mobile

「全く意味のないパフォーマンス」立憲民主・枝野幸男代表が痛烈批判 小泉進次郎氏主導の国会改革議連を

記事詳細

立憲民主党

「全く意味のないパフォーマンス」立憲民主・枝野幸男代表が痛烈批判 小泉進次郎氏主導の国会改革議連を

更新
28日、衆議院改革実現会議に臨む自民党の小泉進次郎氏(左)=国会(春名中撮影) 1/1枚

 立憲民主党の枝野幸男代表は29日の記者会見で、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が主導して設立された国会改革を目指す超党派議員連盟について「全く意味のないパフォーマンスに過ぎない。少数会派も含めて全会派が参加して進めるべき国会改革を遅らせることになる」と痛烈に批判した。

<< 下に続く >>

 枝野氏は国会改革について「小さな会派から意見をうかがっていく中でコンセンサスをつくっていくべきだ」と指摘した。一方で立憲民主からも一部議員が28日に開かれた議連の設立総会に参加していたことに関しては「わが党からは参加すべきではないという方針を定めている。若干徹底されていなかった部分があるようなので徹底したい」と述べた。