PR

羽生結弦選手に国民栄誉賞、政府決定 授与式は7月2日

PR

羽生結弦=4月26日、東京都内(代表撮影)
羽生結弦=4月26日、東京都内(代表撮影)

 政府は1日午前の閣議で、2月に行われた平昌五輪のフィギュアスケート男子で2014年ソチ大会に続き2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦(ゆづる)選手(23)=ANA=に国民栄誉賞を授与することを決めた。菅義偉(すが・よしひで)官房長官が1日午前の記者会見で発表した。個人では最年少、フィギュア選手で初受賞となる。授与式は7月2日に首相官邸で行われる。

 菅氏は会見で「厳しい修練と人一倍の努力の積み重ねにより、冬季五輪個人種目における日本人初の連覇、世界でも66年ぶりの連覇という、世界の歴史に残る快挙を成し遂げた」と述べ、前人未到の偉業を高く評価した。「多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えていることに、顕著な業績があった」とも話した。

 国民栄誉賞は昭和52年の創設以来、これまでに26の個人・団体が受賞している。直近では2月13日に将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖と、囲碁で2度の七冠独占を果たした井山裕太十段に同時授与された。

この記事を共有する

おすすめ情報