産経ニュース for mobile

【日中首脳会談】共同記者発表全文 安倍晋三首相「訪中楽しみ」李克強首相「両国の雨風は過ぎた」

記事詳細

共同記者発表全文 安倍晋三首相「訪中楽しみ」李克強首相「両国の雨風は過ぎた」

日中首脳会談更新
共同記者発表で発言する中国の李克強首相(左)を見る安倍首相=9日午後6時51分、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影) 1/1枚

 安倍晋三首相は9日、東京・元赤坂の迎賓館で中国の李克強首相と会談した。会談後に行われた共同記者発表での両氏の発言全文は次の通り。

<< 下に続く >>

 安倍首相「李首相の来日を日本国民を代表して心から歓迎いたします。李首相の最初の来日は20代の頃でありました。中国青年代表団の副団長として日本にいらっしゃいました。当時、外相を務めていた私の父が主催した食事会に、秘書官であった私も同席をいたしました。あの頃は私も青年でありました。30代、若々しい青年でありました。30年以上の時を経て、日中両国の首脳として、こうして並んで立つことは、当時は思いもよりませんでした。お互い年齢を重ね、外見は少々変わりましたが、気持ちは当時と変わらぬ若々しさで、日中関係改善への強い意欲とともに、今ここに立っております」

 「昨年秋、フィリピンのマニラにおいて、李首相と会談し、新たなスタートを切って以来、日中関係の改善に向けた勢いはどんどん増しています。そうした中、今回の李首相の公式訪問を機に、先ほどの首脳会談において、私たちは数多くの具体的な成果について合意いたしました。海や空での偶発的衝突を防ぐための連絡メカニズムを設置いたします。緊張を緩和し、相互の信頼を醸成することで、東シナ海を平和、協力、友好の海といたします。いままさに両国の防衛当局の代表者が覚書に署名しましたが、10年ごしの課題に結果を出すことができました」

 「社会保障協定は、日中両国間の経済交流を加速するものです。3.4兆円規模の投資枠を日本向けに設ける金融協力でも合意いたしました。日本のおいしいお米を中国の皆さんにもっと食べていただく。コメの輸出拡大に向けた措置も実現します。映画共同製作協定によって、大きなビジネスチャンスが生まれるとともに、両国民の文化面での相互理解が一層深まることが期待されます。首脳同士が直接、率直に具体的に語り合うことで、これだけの具体的な成果を上げることができる」

 「北京と東京は飛行機に乗ればわずか3時間あまりの距離です。李首相の公式訪問は8年ぶりとなりましたが、日中平和友好条約締結40周年の本年、首脳同士が容易に往来できる関係を構築したいと考えています。今回、私の訪中について李首相からお招きをいただきました。感謝申し上げるとともに、適切な時期に訪中できることを楽しみにしております。首脳レベルの頻繁な往来を通じて、この日中関係改善の流れを次なる段階へと押し上げていきたいと考えています」

 「競争から協調へ。日中関係を大きく発展させていくことによって、地域、さらには世界のさまざまな課題にともに、手を携えて大きな責任を果たしていくことができます。毎年1.7兆ドルとも言われるアジアの旺盛なインフラ需要、日本と中国が力をあわせてその需要に応えていくことができます」

 「今回、日中ハイレベル経済対話の下、省庁横断的な官民委員会を新たに設けるとともに、第三国において日中民間企業によるインフラ協力を具体的に進めていくため官民が一堂に集う新たなフォーラムを私と李首相のリーダーシップの下、設立することで合意しました。きたるべき私の訪中の際に、第1回のフォーラムを開催し、具体的な日中協力のプロジェクトをどんどん展開することでアジア各国の期待に応えていく考えであります」

 「今週、北朝鮮の金正恩(朝鮮労働党)委員長が再び訪中するなど北朝鮮情勢が大きく動く中、北朝鮮問題について時間をかけて話し合いました。北朝鮮には豊富な資源があり、勤勉な労働力があります。北朝鮮が正しい道を歩むのであれば、経済発展をすることもできる。そのために累次の国連安全保障理事会決議をしっかりと履行し、日中が協調して行動していくことで李首相と一致しました」

 「拉致、核、ミサイルの諸懸案の包括的解決に向けて行動してまいります。北東アジアの平和と安定に今後とも日中両国がしっかりと責任を果たしていく、その決意であります」