PR

きょう沖縄市長選 翁長知事三重苦…連敗・財界離反・健康不安

PR

翁長雄志知事
翁長雄志知事

 沖縄県沖縄市長選が22日に投開票日を迎える中で、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設阻止を目指す沖縄県の翁長雄志知事が、苦境に立たされている。翁長氏を支えてきた「オール沖縄」から財界有力者が相次ぎ離脱し、県内市長選でも敗北が続く。翁長氏自身の健康不安もある。沖縄市長選でオール沖縄系候補が敗れれば、さらなる打撃を受ける。

 沖縄市は那覇市に次ぐ県内第2の都市で、大票田の選挙結果は今秋の知事選にも影響する。任期満了に伴う市長選は新人で元市議の諸見里宏美氏(56)と現職の桑江朝千夫氏(62)の無所属2人が争う。共産党や社民党など諸見里氏の推薦政党はオール沖縄と重なるが、街頭ポスターに「オール沖縄」の文字はない。

 県内11市のうちオール沖縄系の市長は2市のみで、2月の名護市長選でも翁長氏が推す候補が敗れた。オール沖縄は辺野古移設反対の政党、労組などが参加するが、運動方針をめぐり意見が対立。県民投票を求める観光大手「かりゆしグループ」と建設大手「金秀グループ」が離脱した。

 翁長氏が形勢逆転の一手とするのが、辺野古埋め立て承認の「撤回」だ。承認前の手続き不備を理由とした「取り消し」と異なり、承認後の不備を理由とした措置だ。だが、政府は行政事件訴訟法に基づき執行停止を裁判所に申し立てる方針で、1カ月以内には工事再開が可能となる見通しだ。

 県政与党幹部らは17日に翁長氏の知事選擁立を目指す方針を決めたものの、翁長氏自身は態度を明らかにしていない。このため政府・自民党内には「翁長さんは知事選に出られないでしょう」(政府高官)などと不出馬説が根強い。

 一方、複数の自民党県連幹部からは「翁長氏が病気を理由に不出馬を表明したら、後継候補に同情票が集まりかねない」との懸念も聞こえる。(杉本康士)

この記事を共有する

関連ニュース

おすすめ情報