産経ニュース for mobile

【平昌五輪】安倍晋三首相「ミカンを握りつぶしそうに…」 羽生結弦の演技に興奮 祝福の電話詳報

記事詳細

羽生結弦 66年ぶり2連覇達成

安倍晋三首相「ミカンを握りつぶしそうに…」 羽生結弦の演技に興奮 祝福の電話詳報

平昌五輪更新
平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を果たし、安倍首相(左、代表撮影)から電話で祝福される羽生結弦選手=17日、韓国・平昌(共同) 1/4枚

 安倍晋三首相は17日夜、 平昌五輪のフィギュアスケート男子で、2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦(23)=ANA=に祝福の電話をかけた。安倍首相と羽生の電話内容の詳報は次の通り。

<< 下に続く >>

 安倍首相「羽生選手、おめでとうございます」

 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「前回もすごかったけども、今度もすごかったですね」

 羽生「いえいえ」

 安倍首相「前回はぜんそくや、(東日本)大震災を乗り越えての金メダルでしたが、今回も大けがを克服しての金メダルで、私は一人でテレビの前で、後半は手に握ったミカンを握りつぶしそうだった。今回はけがの後ブランクがありましたから、少し不安はなかったですか」

 羽生「ありました。ただ、練習もしっかり積めなかったんですけれども、やはりスケートをやめたわけではなかったので、2カ月くらいなんとかなるかなとちょっと思ってました」

 安倍首相「スケートリンクに最初立たれたときに、やっぱりさすがに王者の風格があって、大丈夫だなと思ったんです」

 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「後半、やっぱり少し疲れが出たんですか」

 羽生「えっと、疲れが出たというよりも、やっぱり足首が持たなかったという方が大きいですかね」

 安倍首相「ああ、なるほどね」

 羽生「はい」

 安倍首相「大きなけがだったんでしょうけど、ああいうときにも自分のベストを出すというのはすごい集中力ですね」

 羽生「いえ、まだもっとベストが出せたかなとは思うんですけれども。もうちょっと頑張ります」

 安倍首相「今回本当にもう、日本人みんなが興奮して感動したと思いますし、やっぱりああいうけがを乗り越えてというのは。まさに新しい伝説ができたのかなと思いましたね」

 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「今日は号外が出て」

 羽生「ああほんとですか」

 安倍首相「普通号外というのは、みんな手渡すんですがね。われ先に、みんなつかみ取っていくという初めてああいった光景になったようで」

 羽生「ははははは、ありがとうございます」

 安倍首相「でも、ほっとしましたよね、これで」

 羽生「そうですね。やっと今まで頑張ってきたものが報われたというか、実は今シーズン1回も勝てていなくて」

 安倍首相「ああ、そうですか」

 羽生「試合にも出れなかったので、ずっともどかしい気持ちでいっぱいだったんだすけれども、やっと今シーズン勝つことができたので。また今年になって初の勝利もあったので、非常に重みのある勝利になったなと思います」

写真ギャラリー

  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、安倍首相と電話で話す羽生結弦選手=17日夜、韓国・平昌(代表撮影)
  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、安倍首相と電話で話す羽生結弦選手=17日夜、韓国・平昌(代表撮影)
  • フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、安倍首相と電話で話す羽生結弦選手=17日夜、韓国・平昌(代表撮影)