産経ニュース for mobile

首相訪韓へ国会日程調整 自公幹事長確認、自民・森山国対委員長「首脳会談でしっかり議論を」

記事詳細

首相訪韓へ国会日程調整 自公幹事長確認、自民・森山国対委員長「首脳会談でしっかり議論を」

更新

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は24日、東京都内で会談し、安倍晋三首相が、2月9日に行われる平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式出席のため訪韓できるよう、野党側と国会日程の調整を進める方針を確認した。首相は23日の産経新聞のインタビューで、開会式に出席する考えを明らかにしている。

<< 下に続く >>

 会談後、同席した自民党の森山裕国対委員長は記者団に、平成27年の日韓合意をめぐる韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の対応などを念頭に「首相がどの段階で訪韓するのかを見極め、野党と(国会日程を)相談する。いろいろと2国間の問題があるので日韓首脳会談を行い、しっかりと議論することが大事だ」と述べた。