産経ニュース for mobile

【参院代表質問】民進党の大塚耕平代表がアベノミクスなどめぐり初論戦

記事詳細

民進党の大塚耕平代表がアベノミクスなどめぐり初論戦

参院代表質問更新
参院本会議で、民進党の大塚耕平代表(手前)の質問を聞く安倍晋三首相(奥右)=21日午前、国会(斎藤良雄撮影) 1/1枚

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が21日午前、参院本会議で行われた。参院で野党第1党の民進党代表に就任し、初の論戦となった大塚耕平氏は、アベノミクスが実質賃金の改善につながらず、格差を拡大させていると批判し、経済政策の転換を要求。首相は「富を生み出し多くの人が経済成長を享受できる社会を実現していく。そのためにアベノミクスを続け経済の好循環を加速させる」と反論した。

<< 下に続く >>

 首相は足元の景気状況に関し、企業業績や雇用環境が改善しているとして「デフレ脱却に向けた局面変化がみられる」と強調。日銀による大規模金融緩和が「国民に異常な低金利を強いている」と指摘した大塚氏に対し「金融政策の具体的な手法は日銀にゆだねられるべきだ。私は黒田東彦総裁の手腕を信頼している」と理解を求めた。