産経ニュース for mobile

【衆院解散】麻生太郎副総理「首相指名は小池さん?」 記者「…となるかも」 麻生氏「あなたみたいなよく知らない人が…」

記事詳細

麻生太郎副総理「首相指名は小池さん?」 記者「…となるかも」 麻生氏「あなたみたいなよく知らない人が…」

衆院解散更新
閣議後、会見する麻生太郎副総理兼財務相=29日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 1/1枚

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事と民進党の前原誠司代表が会談し、衆院選の候補者調整を本格化させた29日、安倍晋三内閣の閣僚は閣議後の記者会見で、両党のなりふり構わぬ合流の動きへの批判や皮肉、小池氏の国政進出をけしかける発言が相次いだ。

<< 下に続く >>

 麻生太郎副総理兼財務相は「極めて理解不能だ」と不快感をあらわにした。「(希望の党は)首相指名で小池さんの名前を書かれるんですか?」と逆質問し、記者が「…というようになるかもしれない」と答えると、こう述べた。

 「国会議員じゃなきゃ首相になれない。基本的なことをはっきりしておかないと、あなたみたいな、よく知らない人があおった記事だけに乗せられ、振り回される有権者がおられますから」

 世耕弘成経済産業相は小池氏が衆院選を「政権選択選挙」と明言したことに関し「小池氏が国政に出て、自分の名前を首相指名で書いてもらう姿勢を明確にする必要がある」と強調した。小池氏に近い野田聖子総務相は「知事は地域の代表。職務に専念することが求められている」と述べ、都知事と新党代表を兼務する小池氏を牽制(けんせい)した。

 一方、民進党に批判の矛先を向けたのは河野太郎外相だ。「特定秘密保護法や平和安全法制に反対してきた野党の方が公認をもらうために『賛成です』とおっしゃって、(選挙後に)また全員反対になるのか、曖昧模糊(もこ)としている」と述べた。その上で「自民党、公明党政権が築き上げた安保体制を維持するのか、曖昧な体制にするのかが問われる選挙戦だ」と訴えた。

 小野寺五典防衛相は「今回合流される方は安保法について小池氏と同じ考えを持ち、理解いただける方だと受け止めている」と皮肉交じりに述べた。

 公明党の石井啓一国土交通相は民進、希望両党が合流協議を加速させていることについて「政策の議論より選挙の受け皿の動きが先行していることに違和感を持っている。国民の希望というより、次の選挙を勝つための候補者にとっての希望だ」とあてこすった。