産経ニュース for mobile

維新憎し…大阪で「自民共」共闘、再び

記事詳細

維新憎し…大阪で「自民共」共闘、再び

更新
竹山修身市長=平成27年12月撮影 1/2枚

 任期満了に伴う堺市長選(9月10日告示、24日投開票)で、自民、民進、共産各党が応援する現職と日本維新の会系新人が争う構図が固まった。自民党は国政選挙での「民共」共闘を批判しているが、大阪では反維新の下で「自民共」共闘に走っている。

<< 下に続く >>

 堺市長選は、3選を目指す現職の竹山修身(おさみ)氏(67)と、維新の母体の地域政党「大阪維新の会」公認の元大阪府議、永藤英機氏(41)の一騎打ちになる見通しだ。民進党は竹山氏の推薦を決定し、自民党府連は党本部に推薦を要請している。共産党系市民団体も支援を決めた。

 国政では自民党と維新は緊密な関係にある。逆に、維新の本拠地の大阪では、平成23年の大阪府知事と大阪市長のダブル選挙以後、維新が掲げる「大阪都構想」に自民党は反対し、他党と「維新憎し」の一点で手を携えるケースが定着しつつある。前回の堺市長選も「大阪都構想」が争点になった。

 10日に開かれた維新の両院議員懇談会で、松井一郎代表(同府知事)は「共産党と自民党が一緒になるエリアは全国で大阪だけだ」と述べ、堺市長選での「自民共」共闘を批判した。

 前回の堺市長選で自主投票だった公明党は、今回も態度を決めていない。選挙の行方は公明党が握る可能性がある。(松本学)

写真ギャラリー

  • 永藤英機氏=平成29年7月撮影