産経ニュース for mobile

若狭勝衆院議員が自民に離党届 「総合的に判断した」

記事詳細

若狭勝衆院議員が自民に離党届 「総合的に判断した」

更新
離党届を提出後、取材に応じる自民党の若狭勝衆院議員=31日午後、東京・永田町の党本部 1/2枚

 自民党の若狭勝衆院議員=東京10区=が31日、二階俊博幹事長に離党届を提出した。

<< 下に続く >>

 若狭氏は小池百合子東京都知事が代表に就く地域政党「都民ファーストの会」を7月の都議選で応援するため進退伺を提出していたが、二階氏には「けじめをつけて都議選を戦うことが必要だ」と説明した。二階氏は「預かる」と述べるにとどめた。

 若狭氏は記者団に、都民ファーストの役職就任や議員辞職は否定した。若狭氏は5月29日に進退伺を提出したばかり。舌の根も乾かぬうちの離党届提出には党内から批判も出ている。若狭氏は「先輩らから進退伺というあいまいな形は、『卑怯(ひきょう)だ』とか『ごまかしている』との指摘を受けた。総合的に判断した」と述べた。

写真ギャラリー

  • 若狭勝氏