産経ニュース for mobile

日米首脳電話会談 安倍晋三首相ぶらさがり全文 シリア攻撃「高く評価」、北朝鮮には「日米韓の結束重要で完全一致」

記事詳細

日米首脳電話会談 安倍晋三首相ぶらさがり全文 シリア攻撃「高く評価」、北朝鮮には「日米韓の結束重要で完全一致」

更新
トランプ米大統領と電話会談後、取材に応じる安倍首相=9日午前、首相官邸 1/1枚

 安倍晋三首相は9日午前、トランプ米大統領と電話会談を行い、シリアや北朝鮮情勢について意見交換をした。首相が会談後、官邸で記者団に話した内容は以下の通り。

<< 下に続く >>

     

 先ほど、トランプ大統領と電話による日米首脳会談を行いました。米中首脳会談直後という大変慌ただしい中ではありましたが、約45分にわたって、シリアについて、また、北朝鮮について、率直な意見交換を行うことができました。

 私からはトランプ大統領がまさに、同盟国、そしてあるいは、世界と平和の安定のために、強いコミットメントをしていることに対して、高く評価をいたしました。

 そしてまた、北朝鮮については、中国の対応を大変、注目をしている。そして、日米が協力して対応していくことが重要であると、緊密に連携をしていくことが大変重要であるということ。

 また、日米韓の結束が重要であるという点について、完全に一致をいたしました。以上であります。