産経ニュース for mobile

「VR蓮舫」が事前投票でダントツ1位 民進党幹部「2番でなくてよかった」

記事詳細

「VR蓮舫」が事前投票でダントツ1位 民進党幹部「2番でなくてよかった」

更新
民進党が動画サイト主催のイベント「ニコニコ超会議2017」に出展する「VR蓮舫」 1/4枚

 民進党が、動画サイト主催のイベント「ニコニコ超会議2017」に出展予定の体験型ゲーム「VR(バーチャルリアリティー=仮想現実)蓮舫」が、事前の人気投票で1位となった。民進党の大西健介青年局長が5日、国会内で発表した。

<< 下に続く >>

 「VR蓮舫」は、専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会審議での蓮舫氏の追及を疑似体験できるゲーム。まだ完成しておらず、誰も体験していないが、インターネット上で大きな話題となっている。

 民進党が出展企業団体向けのPRコンテストの予選にエントリーしたところ、ユーザーによる事前の人気投票で1位となり、本選の“シード権”を得た。

 PRコンテスト本選で優勝すれば、1000万円相当のネットの広告枠を獲得できる。

 大西氏は「事前投票でダントツ1位だった。若い人に政治に関心を持ってもらうきっかけになればいい」と述べた。榛葉賀津也参院国対委員長は5日の記者会見で「2番でなくてよかった」と胸をなでおろした。

 「ニコニコ超会議2017」は4月29、30の両日、千葉市の幕張メッセで開催される。

写真ギャラリー

  • 民進党が動画サイト主催のイベント「ニコニコ超会議2017」に出展する「VR蓮舫」
  • 民進党が動画サイト主催のイベント「ニコニコ超会議2017」に出展する「VR蓮舫」
  • 民進党の大西健介青年局長(斎藤良雄撮影)