産経ニュース for mobile

佐藤勉衆院議運委員長「自民党福井県連の調査はなかった」 高木毅前復興相の下着泥棒報道で

記事詳細

佐藤勉衆院議運委員長「自民党福井県連の調査はなかった」 高木毅前復興相の下着泥棒報道で

更新
高木毅氏 1/1枚

 佐藤勉衆院議院運営委員長(自民)は18日の議運委理事会で、高木毅前復興相(衆院福井2区)が約30年前に女性の下着を盗んだとする週刊誌報道を受けた党福井県連の独自調査について「党で県連による調査はなかったと認識している」と述べた。

<< 下に続く >>

 理事会では、民進党が独自調査の有無や内容など事実関係の確認を要求。高木氏が週刊誌報道を一貫して否定してきたことから、自民党として統一見解を出すよう求めた。

 これに対し、佐藤氏は週刊誌報道に関し「一切事実無根だと判断している」と強調。党としては県連による独自調査は行われていないと認識していると説明し、「(高木氏)本人には何の疑念もないと断言したい」と述べた。

 高木氏は一昨年10月、30年ほど前に福井県敦賀市内の民家に忍び込み、女性の下着を盗った過去があると週刊新潮に報じられた。高木氏は国会審議などで「そのような事実はない」と一貫して否定してきたが、県連会長の山本拓衆院議員が今月、県連による独自調査を行ったと発表。「高木氏は女性宅に侵入し現行犯逮捕されていた」と述べていた。

プッシュ通知