産経ニュース for mobile

カジノ解禁法案、修正案の衆院回付で14日成立 年金法案も参院本会議で成立

記事詳細

カジノ解禁法案、修正案の衆院回付で14日成立 年金法案も参院本会議で成立

更新

 参院内閣委員会は13日夜、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案について自民党などの賛成多数で可決した。自民党が採決前に修正案を示し、民進党は採決を受け入れた上で反対した。修正案は会期末である14日の参院本会議で可決後に衆院に回付され、本会議で同意多数となり、成立する見通しだ。年金支給額抑制を強化する年金制度改革法案も13日の参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決され、14日の参院本会議で成立する。

<< 下に続く >>

 民進党はIR法案の廃案を訴えていたが、自民党の修正案提示で対応を一転させた。ただ、年金制度改革法案なども含め「審議不十分」との姿勢は変えていない。共産、自由、社民との野党4党で14日に安倍晋三内閣不信任決議案を衆院に提出する方針で、14日の幹事長・書記局長会談で最終判断する。政府・与党は14日まで延長した会期の再延長は行わずに、同日中に決着を図る。

 IR法案は超党派の議員立法で、カジノや国際会議場、大型ホテルなどが一体となったIRの整備を政府に求める内容。法施行後、政府は1年以内をめどに具体策を定めた実施法案を制定する。

 自民党は13日中の参院内閣委での採決を求めたのに対し、民進党は法案の出し直しを要求したため、自民、民進両党の参院幹事長らが断続的に協議。自民党はカジノによるギャンブル依存症防止策の強化や、付則で施行後5年以内に「必要な見直し」を行うことを盛り込んだ修正案を提示した。これを受け、民進党は採決を容認した。自主投票で臨んだ公明党は委員2人の賛否が割れた。

 年金制度改革法案は、現在の高齢者への給付額を減らし、若者世代が将来受け取る水準が想定以上に下がらないようにする内容。安倍晋三首相は13日の参院厚労委で「今回の改定は(年金制度の)持続可能性を高めるもので、さまざまなケースに対応して給付と負担を調整する仕組みにしている」と強調した。民進党や共産党は「年金カット法案だ」などとして反対した。

プッシュ通知