産経ニュース for mobile

【鳥取震度6弱】自民・石破茂氏、防災省設置を重ねて要望 

記事詳細

自民・石破茂氏、防災省設置を重ねて要望 

鳥取震度6弱更新

 自民党の石破茂元幹事長は22日、鳥取県中部で震度6弱を観測した地震を踏まえ、災害対応に専従で当たる「防災省」の設置を検討するよう重ねて求めた。東京都内で記者団に「日本全体のあらゆる防災体制を一元的に管理する組織が必要だ」と語った。

<< 下に続く >>

 防災を所管する内閣府の担当部局に関し「職員は他省庁から来て仕事し、何年かたてば帰る。伝統、文化は継承されているのか」と述べた。石破氏は、衆院鳥取1区選出。熊本、大分両県を中心とした地震が4月に発生した際にも防災省設置に言及した。

プッシュ通知