産経ニュース for mobile

【ダッカ人質テロ】木原誠二・外務副大臣がダッカ入り テロに「強い憤り」

記事詳細

木原誠二・外務副大臣がダッカ入り テロに「強い憤り」

ダッカ人質テロ更新

 日本人7人を含む人質20人が死亡したバングラデシュの首都ダッカのテロで、木原誠二外務副大臣が3日未明(日本時間同日午前)、現地対策本部が設けられた日本大使館に到着した。

<< 下に続く >>

 テロ現場付近を訪れた後、大使館に到着した。記者団の取材に「改めて強い憤りを感じた」と非難した。犠牲になった方について「バングラデシュのためにプロジェクトに参加してきた方たちだった。心からご冥福をお祈りしたい」と語った。

 3日にハシナ首相と会談し、捜査状況を尋ねるほか、在留邦人の安全確保策を意見交換するという。木原氏は遺族のサポートなど現地での対応を総括する。

 日本政府はバングラデシュに政府専用機を向かわせる準備を進め、遺体の搬送を検討する。

 テロは1日夜に発生。飲食店を襲撃した数人の武装グループは店に立てこもり、治安当局は実行犯6人を射殺、1人を拘束した。過激派組織「イスラム国」(IS)が関与した疑いがあるとみて捜査している。

(共同)

プッシュ通知