産経ニュース for mobile

参院選不出馬は約20人 民進党の江田五月元参院議長、自民会派離脱した脇氏に…アノ人も

記事詳細

参院選不出馬は約20人 民進党の江田五月元参院議長、自民会派離脱した脇氏に…アノ人も

更新

 今国会が閉幕し、7月25日に任期満了を迎える参院議員のうち、今回の参院選に立候補しないのは約20人に上る見通しだ。民進党の江田五月元参院議長(75)や民主党(当時)幹事長など要職を歴任した民進党出身の輿石東参院副議長(80)らが並ぶ。

<< 下に続く >>

 江田氏は1日の党会合で「参院議長として(民主党への)政権交代を議場で宣言したことが一番記憶に残っている」と述懐。輿石氏は議員生活を振り返った上で「参院選の勝利に向けて頑張ってほしい」と強調した。北沢俊美元防衛相(78)や直嶋正行元経済産業相(70)も退く。

 一方、自民党は岸宏一参院予算委員長(75)のほか、党参院幹事長を務めた後、参院選挙制度改革をめぐる党方針に反発して会派を離脱した脇雅史氏(71)も引退。脇氏は産経新聞の取材に「やり残したことはない。責任は果たせた」と語った。小坂憲次元文部科学相(70)も病気療養に専念するため、立候補を見送る。

 公明党の荒木清寛参院国対委員長(60)、おおさか維新の会の江口克彦国会議員団顧問(76)、生活の党の主浜了副代表(66)も引退する。