産経ニュース for mobile

民主くん、ついに“引退”へ 「ニコ超会議」で決定 枝野幹事長「寂しい」

記事詳細

民主くん、ついに“引退”へ 「ニコ超会議」で決定 枝野幹事長「寂しい」

更新

民進党の非公認キャラクター「民主くん」の引退が29日、決まった。公認か引退かをかけて戦った同日の動画サイト主催イベント「ニコニコ超会議2016」内でのゲームに敗北したため。今後「再就職先」を探す方針だが、少なくとも現在のキャラクターの変更は必至となった。イベントの見届け人として同席した枝野幸男幹事長は記者団に「寂しい」と漏らした。

<< 下に続く >>

 民主くんは、民進党が同会議に出展したブースで開催されたゲームで、千葉県佐倉市で活動するゆるキャラ「さくら丸」と対戦した。ジェスチャーゲームや「あっちむいてホイ」などを行ったが、途中、あまりにも激しい動きで丸々とした体形が崩れ、「しぼむ」事態に発展。一時退場した後に復帰し、奮闘したものの敗北し、「民進党公認キャラ」の夢は散った。

 この結果を受け、枝野氏は民主くんに対して引退を宣告。民進党は現在、公募を行った案を基に新しいロゴマークを審査しているが、「民主くんの体形に似たマークは残っていない」(枝野氏)といい、民主くんの再就職はいばらの道となりそうだ。

 旧民主党のゆるキャラとして活動してきた民主くんは、民主党のロゴマークを模したキャラで、9年前に党有志が誕生させ、若者向けの党イベントなどで活躍していた。昨年8月に公認キャラとなったばかりだが、今年3月の民進党発足に伴い、進退が注目を集めていた。

 民主くんは引退決定後、ツイッターで「再就職どうしよう…。橋下徹さんみたいに弁護士資格ないし。口下手だからタレント活動もできないし」と投稿し、複雑な心中をのぞかせた。