産経ニュース for mobile

「沖縄を救え」シンポ 地元紙の報道姿勢に懸念の声

記事詳細

「沖縄を救え」シンポ 地元紙の報道姿勢に懸念の声

更新

 沖縄県を取り巻く問題について考えるシンポジウム(日本戦略研究フォーラム主催、産経新聞社後援)が22日、東京都内で開かれた。出席者からは、沖縄県の基地負担軽減が難航していることや地元紙の琉球新報と沖縄タイムスの報道姿勢に懸念の声も上がった。

<< 下に続く >>

 「沖縄を救わねばならない」と題して行われたシンポジウムでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏がビデオで基調講演。沖縄の地元2紙について「沖縄と日本が違う国であるかのような議論をすることがある」と指摘。「沖縄の未来を広く明るいものにするために日本全体の一致団結した努力が必要だ」と訴えた。

 米国の駐沖縄総領事などを歴任したケビン・メア氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反発する地元の地方議員らに対し「反対するより移設計画の加速に協力すべきだ」と強調した。