産経ニュース for mobile

【民主・維新合流】両代表共同記者会見詳報 岡田氏「野合で何が悪い」 松野氏「政権交代へ第一歩」

記事詳細

両代表共同記者会見詳報 岡田氏「野合で何が悪い」 松野氏「政権交代へ第一歩」

民主・維新合流更新

 民主党の岡田克也代表と維新の党の松野頼久代表は26日、国会内で新党結成に関する確認事項に署名後、共同記者会見に臨んだ。岡田氏は「政治の流れを変える歴史的な日にしたい」と抱負を語った。野合との批判には「野合でなんで悪い」と開き直った。松野氏は「政権交代に向けて第一歩を踏み込むことができた」と述べ、さらなる野党勢力の結集に意欲を示した。会見の詳報は次の通り。

<< 下に続く >>

岡田氏「本日を日本の政治の流れを変える歴史的な日にしたい。安倍(晋三)政権の今の政治について疑問や不安を持っている人はたくさんいる。その受け皿にこの新党はなる。民主党も政権時代に残念ながら分裂をしたり、あるいは『第三極』も離合集散を繰り返すなど国民の期待に応えられなかった。今回の新党が最後だと、必ずここで政権交代の政治の受け皿になるという強い決意のもとでこの新党を決めたところだ。25年の政治生活の集大成として、この新党でもう一度参院選を勝ち抜き、政権交代にチャレンジしていきたい」

松野氏「去年の5月に代表に就任し、『100人規模の新党を』という公約を掲げた。今日、こういう形で実現できたことは大変喜ばしく思っている。ただ、これは終わりではなくスタートだ。ようやく政権交代に向けて第一歩を踏み込むことができた。これから協議をするが、私は徹底的な行革政党をつくって、これ以上税金が上がらなくてもいいような、税金の無駄遣いを切る政党にできればと思っている」

岡田氏「国会における活動や国政選挙などあらゆる場面で可能な限り協力するという(野党5党の)合意と、この新党を車の両輪として政治の転換に向けて頑張っていきたい」

--自民党からは今回の合流について「何を目的にするものなのか」「看板の掛け替えではないか」という批判もある

岡田氏「いろいろな意見はあるだろう。野合批判もある。野合でなんで悪いんだという開き直りの気持ちもある。もちろんわれわれ、しっかりと大きな方向性でこれから綱領もつくっていく。理念・政策を一致させ、安倍政治に代わる新しい政治を行っていく。そういう新党だ」

松野氏「民主党の議員を中に入れる政党に野合といわれたくはない。あなたたちには言われたくないという気分だ。自公の連立はいったい何なんだという思い。どうぞご批判をしてくださいという思いだ」

--その他の政党に呼びかけるということだが、社民党とは政権担当時代に米軍普天間飛行場の移設問題で分裂した。生活の党と山本太郎となかまたちについては、小沢一郎代表との政局で分裂した。因縁を乗り越えられるか

岡田氏「理念・政策が一致することを前提に野党の結集を図りたい。具体的な結集の仕方は、相手もあることだ。従って新党に合流するというやり方もあれば、緊密に協力していくやり方もある。各党それぞれ状況があるので、これからしっかりと話し合っていきたい」

松野氏「政治は未来だ。過去よりも未来。政治はその時その時で状況が変わり、その時に判断していたものだと思う。これから政策・理念が一致すれば、いろいろな方と未来に向けて手を組むことは十分ある」

--今後、党名や綱領の協議が始まっていく。有権者にどう透明性をもって進めていくか

岡田氏「まず非常に厳しい中、民主党を支持していただいた有権者に心からお礼を申し上げたい。感謝の気持ちで一杯だ。ただ、われわれはとにかく政権交代可能な政治を目指す政党だ。そのためにここは一つ民主党という殻を脱ぎ捨てて、新党という選択をした。そのことをぜひご理解いただきたい」

松野氏「われわれは『身を切る改革』ということで選挙で得票をいただいた。この思いは統一会派をやってきて、民主党の皆さんと共有できるということを確信した。新党でもこの思いはしっかりと入れていく。そういうことでご理解いただけると思う」

--新党の一番の旗は何かと考えるか

岡田氏「しっかり綱領をつくっていく中で共有したい。松野氏が言われたことも、民主党はもともと改革政党だから、重要な点だ。もう一つは共生社会。多様性を認める社会。それがわれわれの目指す方向だ。そこも維新の皆さんと共有できる点だと確信している」