産経ニュース for mobile

大地の鈴木代表、貴子氏の自民党入り「決めていない。時期をみて話し合う」

記事詳細

大地の鈴木代表、貴子氏の自民党入り「決めていない。時期をみて話し合う」

更新

 北海道を地盤とする政治団体「新党大地」の鈴木宗男代表は13日、テレビ東京の番組に出演し、自民党が民主党の鈴木貴子衆院議員(比例北海道)の引き抜きを検討していることについて「まだどうするか決めていない。時期をみて率直に話し合わなければいけない」と述べ、貴子氏本人の意向を踏まえた上で判断する考えを示した。貴子氏は鈴木氏の長女。

<< 下に続く >>

 その上で貴子氏について「民主党の中でも期待している人はいる。ただ、それ以上に安倍晋三首相が(貴子氏の)将来性について注目されているのはありがたい」と強調した。

 民主党が4月の衆院北海道5区補欠選挙で共産党を含めた野党統一候補の擁立を目指している中、大地が自民党候補の推薦を決めた理由について「世界観や国家観が違う共産党が一緒になった選挙態勢はみじんも考えていない。そこには与しない」と断言した。

 「足し算だけの野党統一は、共産がいつも言う『野合』という言葉がぴったりだ。貴子氏も共産党を含めた野党統一候補には私以上に違和感を持っている」とも述べた。

プッシュ通知