産経ニュース for mobile

輿石氏、政界引退を正式表明 「民主政権が心残り」

記事詳細

輿石氏、政界引退を正式表明 「民主政権が心残り」

更新

 輿石東(こしいし・あずま)参院副議長(79)=民主党会派を離脱中=は17日、山梨県昭和町で記者会見し、「今期限りで政界を引退させていただくことにした」と述べ、今夏の参院選(山梨選挙区)に立候補せず、引退することを正式に表明した。

<< 下に続く >>

 輿石氏は「期待に応えたいとの思いがなかったといえば嘘になるが、前回の選挙前に『政治の集大成』と言った。ぶれてはいけない」と述べ、岡田克也代表らの要請を断り、引退する意向を明らかにした。

 輿石氏は「心残りはない。あえていえば、民主党政権が3年3カ月で終わったことが心残りだ」と述べた。さらに「子供、平和、日本国憲法が原点だ。民主党政権で高校の授業料無償化がやれてよかった」と政治生活を振り返った。

 民主党は今後、同選挙区で候補者擁立を急ぐ。山梨県連は30日の党大会までの擁立を目指している。